M.ZUIKOレンズ 12-40mm F2.8と12-100mm F4比較【マイクロフォーサーズ】

f:id:di82:20180925120509j:plain

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROと、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROが手元にあるので、比較記事を書いてみたいと思います。

両レンズとも、オリンパスのマイクロフォーサーズマウント対応。標準画角をカバー。オリンパスのフラッグシップレンズシリーズである『PRO』の名を冠しています。

『大口径標準ズームレンズ』『高品位高倍率ズームレンズ』というキャラクターの違いはあるものの、オーバーラップしている部分もあります。どっちを買おうか迷っている人もいるはず。

両レンズを比較することで、購入検討している人の助けになれば幸いです。

 

OLYMPUS M.ZUIKO PROレンズ比較。『12-40mm F2.8』vs『12-100mm F4』

f:id:di82:20180925120529j:plain

左がM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

右がM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

両レンズ共にマイクロフォーサーズマウント対応。

オリンパス、M.ZUIKO PROレンズです。

 

スペック比較

最初にM.ZUIKOレンズ12-40mm F2.8と12-100mm F4のスペックをざっと比較してみましょう。

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

f:id:di82:20180925093749j:plain

『大口径標準ズームレンズ』

焦点距離:12-40mm(35mm換算24-80mm)

開放口径比:F2.8(ズーム全域)

最大撮影倍率:0.3倍(35mm換算0.6倍)

大きさ:69.9(経)×84mm(全長)

重量:382g

価格:80,190円(2018年9月25日 Amazon.jp価格)

★防塵防滴設計

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

f:id:di82:20180925093803j:plain

『高品位高倍率ズームレンズ』

焦点距離:12-100mm(35mm換算24-200mm)

開放口径比:F4(ズーム全域)

最大撮影倍率:ワイド端0.3(35mm換算0.6倍)、テレ端0.21倍(35mm換算0.42倍)

フィルター経:72mm

大きさ:77.5(経)×116.5mm(全長)

重量:561g

価格:131,850円(2018年9月25日 Amazon.jp価格)

★防塵防滴設計

★レンズ内手ブレ補正あり。対応ボディで、最大6.5段分(OM-D E-M1 firmware ver.4.0、 E-M5 Mark II firmware ver2.0以降のボディ)

 

大きさ比較画像

f:id:di82:20180925093645j:plain

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark IIにM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROを装着した図。小型のE-M5本体にマイクロフォーサーズの中では大型レンズである12-40mm F2.8を装着すると、レンズが結構主張気味です。

f:id:di82:20180925093953j:plain

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROの重量を念のため秤で測定。389g

 

f:id:di82:20180925093700j:plain

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark IIにM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROを装着した図。12-40mm F2.8も本体に対してレンズが大きかったですが、12-100mm F4は更に一回りデカい印象です。

f:id:di82:20180925093940j:plain

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROの重量を念のため秤で測定。567g

 

画質

レンズ選びである意味最大の関心事である画質について、詳細を見ていきましょう。

 

12mm(35mm換算24mm)

f:id:di82:20180925104055j:plain

12mm(35mm換算24mm相当)で撮影した写真。中央部と周辺の画質比較です。

 

f:id:di82:20180925103908j:plain

F2.8

 

f:id:di82:20180925103925j:plain

F4

 

f:id:di82:20180925103937j:plain

F5.6

 

f:id:di82:20180925103949j:plain

F8

 

25mm(35mm換算50mm)

f:id:di82:20180925105612j:plain

25mm(35mm換算50mm相当)で撮影した作例です。中央部、周辺の比較を見ていきましょう。

 

f:id:di82:20180925105458j:plain

F2.8

 

f:id:di82:20180925105509j:plain

F4

 

f:id:di82:20180925105520j:plain

F5.6

 

f:id:di82:20180925105533j:plainF8

 

 

40mm(35mm換算80mm)

f:id:di82:20180925111106j:plain

40mm(35mm換算80mm相当)の比較画像です。12-100mm F4の焦点距離目盛りには40mm丁度がなく、ボディの液晶に表示される焦点距離が38mmか41mmの3mmごと表示だったので、厳密に正確な40mm比較ではないですが…(画角が少しズレてます)

 

f:id:di82:20180925110932j:plain

F2.8

 

f:id:di82:20180925110946j:plain

F4

 

f:id:di82:20180925110956j:plain

F5.6

 

f:id:di82:20180925111008j:plain

F8

 

100mm(35mm換算200mm)

f:id:di82:20180925111957j:plain

M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PROは未対応の画角ですが、M.ZUIKO 12-100mm F4 PROの望遠端100mmの画像を参考のために出していきます。

 

f:id:di82:20180925111849j:plain

F4

 

f:id:di82:20180925111900j:plain

F5.6

 

f:id:di82:20180925111910j:plain

F8

 

マクロ性能

オリンパスのフラッグシップ『M.ZUIKO PRO』レンズ群は、「寄れる」ことも売りにしています。

本家マクロレンズには及びませんが、M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PROとM.ZUIKO 12-100mm F4.0 IS PRO共に、簡易マクロ的な使い方が可能です。

それでは、どれほど被写体に「寄れる」のか、テストしてみましょう。

f:id:di82:20180925115413j:plain

被写体は『蛍石』です。

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

カタログ値では、M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PROの最大撮影倍率は0.3倍(35mm換算0.6倍相当)。広角端、望遠端の最大倍率については記載はありませんでした。両端とも0.3倍?

f:id:di82:20180925095010j:plain

広角端(12mm)で最大限まで寄った写真。

f:id:di82:20180925095256j:plain

広角端(12mm)のワーキングディスタンス。かなり近くまで寄れます。

 

f:id:di82:20180925095341j:plain

望遠端(40mm)で最大限まで寄って撮影。

f:id:di82:20180925095517j:plain

望遠端(40mm)のワーキングディスタンス。

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

M.ZUIKO 12-100mm F4.0 IS PROの最大撮影倍率は、ワイド端0.3(35mm換算0.6倍)、テレ端0.21倍(35mm換算0.42倍)です。焦点距離によって最大撮影倍率が変化。広角側の方が最大撮影倍率は大きいです。

f:id:di82:20180925095805j:plain

広角端(12mm)で限界まで寄って撮影。

f:id:di82:20180925095832j:plain

広角端(12mm)のワーキングディスタンス。レンズフードが接触するんじゃないかってぐらい、アホみたいに寄れます(褒め言葉)。

 

f:id:di82:20180925095920j:plain

望遠端(100mm)で最大まで寄った写真。

f:id:di82:20180925095911j:plain

望遠端(100mm)のワーキングディスタンス。100mm(35mm換算200mm相当)なので、それなりに最短撮影距離はそれなりに離れる…というより、広角側がアホみたいに寄れるだけです。何でも近寄れれば良いってもんじゃないですからね。

 

ズーム倍率(画角)の差

12-40mm(35mm換算24-80mm)と、12-100mm(35mm換算24-200mm)の焦点距離が実際のところどれだけの差があるか、比較してみましょう。

 

比較写真を撮るために、家から割合近い場所にある某大社に向かいました。

f:id:di82:20180925160210j:plain

12-40mm F2.8と12-100mm F4の両レンズでの広角端である12mm(35mm換算24mm相当)で撮影した図。

 

f:id:di82:20180925160309j:plain

前の写真の場所と同じ位置から、40mm(35mm換算80mm相当)で撮影。12-40mm F2.8では望遠端に当たる焦点距離です。

 

f:id:di82:20180925160410j:plain

更にズーム。12-100mm F4の望遠端で、100mm(35mm換算200mm相当)の焦点距離です。

 

続いて某大社からそんなに遠くない場所にある、某湖へ。

f:id:di82:20180925160616j:plain

12mm(35mm換算24mm相当)で適当に撮影。カモが逃げていく…。

 

f:id:di82:20180925160817j:plain

40mm(35mm換算80mm相当)。12-40mm F2.8の望遠端の焦点距離です。カモをアップで撮りたくて近づいてみましたが、ある程度近づくと逃げられてしまうのでこれが限界。

 

f:id:di82:20180925161035j:plain

その場から動かず、12-100mm F4の望遠端である100mm(35mm換算200mm相当)で撮影。カモをそれなりにアップで写せました。

例えば山の中などで、近づくと逃げてしまう動物に遭遇した際、12-100mmを持っていれば、レンズ交換の手間がなく(レンズ交換中に逃げられてしまう可能性も)、動物をそれなりに大きく写せる可能性があります。

 

レンズフード

f:id:di82:20180925115003j:plain

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROとM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO、両レンズにはレンズフードが付属しています。

f:id:di82:20180925114954j:plain

左がM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROのレンズフード。

右がM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのレンズフード。

 

f:id:di82:20180925115129j:plain

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROのレンズフード。出っ張ったフード脱着スイッチが両サイドに付いているという謎設計。意図せずボタンが押され、レンズフードが緩んでいることがあります。

 

f:id:di82:20180925115226j:plain

こちらはM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのレンズフード。脱着ボタンは片側にひとつで、不意に押されて外れないように、ボタンは奥まった位置にあります。まともなデザインです。

 

それぞれのレンズが持つ長所

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROとM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROを比較してきました。

最後に、お互いのレンズを比較した場合、それぞれのレンズが持つ良い点を挙げてみます。

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

・周辺画質が良好

・開放F値が2.8と明るい

・小型軽量

・比較的安価

・マクロで被写体を大きく写せる

 

 

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

・望遠端が100mm(35mm換算200mm相当)

・広角マクロでより被写体に寄れる

・対応ボディにて6.5段相当の手ブレ補正適応

・レンズフードがまとも

 

 

 

カメラ・レンズに関する記事


www.dimountainphotos.com