【女性に聞いた】 冬山で使えるおすすめの装備 【寒がりな方向け】

f:id:di82:20190104195502j:plain

雪に覆われた白銀の世界は感動的なほど美しいですが、 一方で、冬山登山は時に寒さとの戦いが避けられません。特に、寒がりな人ほど辛いと思います。

ディーアイのパートナーもかなり寒さには弱い方で、冬山では時々歯をカチカチ鳴らしながら、寒さに必死に耐えていることがあります。

今回の記事は、寒さに弱い女性向け。一緒に登っている彼女が「これ良いよ!」と、愛用している冬山用の装備(主にウェア類)をご紹介していきます。

 

女性におすすめする冬山登山に使えるウェア

f:id:di82:20190103231224j:plain

ファイントラック スキンメッシュ

肌の上に着ることで、行動中にかいた汗を肌から遠ざけ、汗冷えを防ぐためのウェアです(ドライレイヤー)。

冬山登山で着用している人は多く、使っている人は皆絶賛しているドライレイヤー。マジで冬山登山では必須のウェアです。各社から似たような製品が発売されています。

ミレーのは、ダメらしいです。網目が大きくて肌が痒くなるそう。自分(ディーアイ)は鈍感肌なので、その辺全然気にしていないのですが、自称敏感肌の彼女は、ミレーのメッシュは全然合わなかったとのこと。

敏感肌の彼女曰く、ドライレイヤーはファイントラックのスキンメッシュが最も着心地が良くて、肌にトラブルが起きにくいので、これしか着ないのだそうな。

 

パタゴニア R1ジャケット

f:id:di82:20190103231253j:plain

最近のR1素材(ポーラテック・パワーグリッド)は以前よりも性能が向上し、着心地が格段にアップしました。着心地にうるさい女が大絶賛する、スペシャル素材を使った薄手のフリースが、パタゴニア R1ジャケット。

高い通気性と、グリッド素材が汗を吸い上げて素早く乾かします。冬山といえど、行動中はどうしても汗をかいてしまいます。そんな汗を素早く吸い上げて放散させるので、快適。汗冷えする場面が減ったとのこと。

ベースレイヤー(素肌の上)でも、ミッドレイヤー(中間着)でも使えます。

 

GOOD

★ソフトで素晴らしく快適な着心地

★汗をすばやく放散させる素材なので、汗冷えしにくい

★ベースにも、中間着にも使える用途の広さ

★冬だけでなくオールシーズン使えるので、結果的にコスパ良し

パタゴニア オンラインショップはこちら

パタゴニア

 

パタゴニア ハイパーパフフーディ

f:id:di82:20190103221649j:plain

パタゴニアが出している化繊の保温用ウェアである、ハイパーパフフーディは彼女のお気に入りだそうです。寒くなるのが予想される場所に行く時には、よく持っていってます。ダウンではなく化繊(ポリエステル)が詰まっています。ダウンと違って、濡れても保温力が低下しないのが魅力。最近は化繊の進化が著しく、ダウンほどではないにしろ、保温力はかなりダウンに近いところまで迫っています。

保温性の高い化繊ジャケットですが、意外と腰回りとかスリムなので、よくある「分厚いダウン特有の着ぶくれ感」がないのも良いらしいです。

 

GOOD

★非常に温かい

★温かいのに意外とスリムなシルエット

★生地にストレッチ性があり動きやすい(着たまま行動できる)

★手入れが楽(ダウンと違って化繊なので、気軽に洗濯できて清潔を保ちやすい)

パタゴニア オンラインショップはこちら

パタゴニア

 

モンチュラ Summit Duvet

f:id:di82:20190103231237j:plain

ガチ寒いところでの最終兵器的保温ウェア。化繊保温ジャケットの機能が向上しているにしても、現在ではまだ保温力に関してはダウンが上。厳冬期の本気で寒い時に登場するのが、モンチュラのSummit Duvet。

凄く温かいらしいです。ウェアのフィット感に定評のあるモンチュラというブランドなので、着心地は凄く良い。さらに、体にピッタリとフィットするデザインということで、隙間風が入ってこないのが素晴らしいと言っていました。

その分やはり、ダウンなのにそれなりに嵩張るとのこと。付属のスタッフサックに押し込んでも、結構な存在感があります。

実はセールになってて半額ぐらいでゲットしていました(白馬の某○ッピー)。

 

GOOD

★抜群の保温性

★ピッタリとフィットするデザインなので、隙間風が入ってこない

★フィット感がよく意外と動きやすい

 

アークテリクス Beta LT ジャケット

f:id:di82:20190104194901j:plain

身長150cm前後の女性は、体にフィットするウェアが少なくて探すの大変らしいですね。

体格に合うハードシェル(ゴアテックス使った細身で動きやすいやつ)を探すのに、結構苦労したそうです。レディースXSとか小さいサイズは、入荷する数も少ないし、入ってきてもすぐ売れてしまうそうな。

アークはご指名ではなかったらしいですが(高いので)、結局これぐらいしかなかったとのことでゴアテックス・プロを使用したBeta FLジャケットをお買い上げ。細身だけど動きやすくて、大変良い、とのことでした。

アークと言えばAlpha SVと言ういかついハードシェルが人気ですが、本人曰く「そこまでゴツくなくていい」そうです。

 

GOOD

★信頼と実績の素材ゴアテックス・プロを使用

★細身だけど動きを妨げないデザイン

★軽量でパッキングしたときもかさ張らない

 

ミズノ ブレスサーモソックス 極厚

ディーアイが「ミズノのブレスサーモの極厚の靴下温かいよ!」とおすすめして買わせました。「ホントだ、温かい」と好評です。それでも、冷える時には冷えますけどね。それまで使っていたスマートウールの厚手のヤツよりは冷たくなりにくいようです。

生地が分厚く内側のパイルが無いので、長持ちするのが良いです。週1とかで山に入っていると、パイル素材なんてすぐ潰れて意味なくなりますからね…。

 

GOOD

★発熱素材のブレスサーモを使っており保温性が高い

★パイルが無くて厚手なので、初期性能が長くキープ可能(ペラペラになりにくい)

 

厚手のウールグローブ

f:id:di82:20190103231357j:plain

これもディーアイが「未脱脂ウールのグローブが温かいから試してみて!」とおすすめして買ってもらいました。概ね好評です。ディーアイはコスパに優れたラックナーウールを愛用していますが、彼女はもっと高いやつ買ってたような…。
フリースグローブよりも、圧倒的に汗冷えしにくいです。そのため、行動中~停滞を繰り返しても、指先が冷えにくい。汗冷えが全くゼロになるわけではないですよ?でも、フリースグローブとかよりも圧倒的に冷えにくいのがウールの良いところです。

 

GOOD

★厚手のウールは保温性が高い

★汗冷えしにくい(行動後も冷たくなりにくい)

★アウターと分離タイプなので、個別に乾かせる(乾かしやすい)

 

ブラックダイヤモンド ソロイスト(アンキエール)

f:id:di82:20190103231433j:plain

ブラックダイヤモンドの厳冬期用グローブ。当時メンズモデルは「ソロイスト」、レディースモデルは「アンキエール」とかいう名前で売っていました。-26℃~-29℃とかそれぐらい対応していたような。まぁ、使用下限温度は「ギリギリなんとか耐えられる」程度の設定っぽいので、過度な期待は禁物です。

操作性に優れた五本指グローブの中で、トップクラスに温かいやつです。それでも寒がりな人は、指先が冷たくなることがあるそうです。これ以上温かいやつを求めるとなると、ミトンとかそういうのになります(操作性がだいぶ犠牲になる)。

五本指グローブでなるべく温かいものを…となると、結局コレ。

 

GOOD

★五本指の冬用グローブの中ではトップクラスの暖かさ

★性能が高い割には比較的リーズナブルな価格

 

こちらの記事もどうぞ

www.dimountainphotos.com