【2018】 アイスアックス新製品情報

f:id:di82:20180608010620j:plain

ペツル、ブラックダイヤモンド、グリベル…

2018年も各社から、アイスアックスの新製品が発表されています。

アックスは結構お高いので、そうそう簡単に買えるものではないですが、新製品発表というのはワクワクします。

今回の記事では2018年シーズンに発売/発表された新製品のアイスアックスについて取り上げていきたいと思います。

 

【2018】 アイスアックス新製品情報

 

Black Diamond Reactor Ice Tool

ブラックダイヤモンドから発表された新型『リアクター』。


Black Diamond Reactor Ice Tools 2018

 


ISPO 2018 - Black Diamond - Reactor

 

新型ハンドルがかなり握り心地良さそうですね。持ちやすいハンドルはアイスクライミング中、長い間ぶら下がっていてもパンプしにくそうです。

グリップのインサートを交換することで、手の大きさに合わせて握り心地をカスタマイズできるそうです。

ヘッドにハンマー、ブレードも装着可能。

ピックもナチュラルアイスピックという新型のものになっています。どのような刺さり具合になっているのか興味があります。

ミックス、アイスクライミング両方に最適化されたデザイン。

個人的には石突のスパイクが、フューエルのように着脱可能だったら良いと思うのですが… 

 

Petzl NEW Ergonomic, Nomic, Quark

ペツルのテクニカルアイスツール群が軒並みリニューアルされるようです。

『エルゴ』は『エルゴノミック』と名称変更されています。

rockandice.com


Petzl Quark, Nomic, Ergonomic 2018 Ice Tools - EVERY DETAIL

 

全体的に、2015年にリニューアルされたサミットEVO系列のデザインとなっていますね。

ヘッドとシャフトのナイロンインサート。ヘッド・シャフト接続がより強固になったようです。

ハイドロフォーミングシャフトにより、ダガーポジション時により握り易くなっています。

ヘッドウェイトの形状変更で、クラック等に差し込み易いようになっています(ノミック/エルゴノミック)。

超小型ハンマー装着(ノミック/エルゴノミック)。

グリップ形状の変更。ノミック/エルゴノミックのアッパーハンドルは、自己融着テープからラバー素材なっています。

ピックは今までのペツル・テクニカルアイスツールと同じ形状みたいです。

 

新型クォーク…雪に深く突き刺し易いようにグリップレストが折りたためる仕様。

新型ノミック…歩行時に補助となる石突装着。石突のないグリップレストへ変更可能。肉抜きされたハンドルは、中に雪が入り込んでしまうことはないのでしょうか?

エルゴノミック…握り易いハイドロフォーミングシャフト採用により、アッパーグリップレストは省略。逆持ちした時に手に刺さらないよう、グリップレストのスパイクはかなり小型化。

 

Grivel Ghost EVO ice axe

グリベルの軽量アイスアックス『ゴースト』のNEWバリエーションが発表。

その名も『ゴースト・エボ』。

www.grivel.com


Grivel Ghost EVO ice axe

 

新製品のゴースト・エボは無印ゴーストよりも多少重くなってはいるようですが、無印と違って石突が付いており、シャフトはストレートからベントシャフトになっています。

スキー用/緊急用/サブ用といった感じの無印ゴーストと違って、冬山登山で普通(積極的)に使えそうです。

重量は、無印ゴースト 264g、ゴースト・エボ 313g

ゴースト・エボの長さは48cmと53cmの2つがラインナップされています。 

 

 

新製品の使い心地はどうなのか、すごく気になります。