雪山

山を眺め、山を想う休日

山を眺め、山を想う休日 先日は晴れた休みの日だったのにも関わらず、諸事情により予定していた山行は中止になってしまいました。天候が申し分なかっただけに、ショックが大きかったです。 失意の中、やることが特に思いつかなかったので、暇つぶしに霧ヶ峰…

【イタリア4000m峰】 グラン・パラディーゾ登山【後編】

4000m峰として山体がイタリア領内に全て属している唯一の山がグラン・パラディーゾ(Gran Paradiso, 4061m)。 フランスのシャモニーから、イタリアのグラン・パラディーゾ中腹にある小屋を目指した【前編】、山小屋からグラン・パラディーゾ山頂を目指した…

【イタリア4000m峰】 グラン・パラディーゾ登山【中編】

イタリアにある4000m峰のグラン・パラディーゾ(Gran Paradiso, 4061m)。 フランスのシャモニーから出発し、モンブラントンネルを通過してイタリアへ入国後、グラン・パラディーゾの山頂を目指した記録です。 今回はグラン・パラディーゾの山腹にあるシャボ…

【イタリア4000m峰】 グラン・パラディーゾ登山【前編】

イタリア国内に全ての山体が収まっている山の中で、唯一の4000mを超える峰がグラン・パラディーゾ(Gran Paradiso, 4061m)。 イタリアの最高峰はモンブラン(4810m)なのですが、こちらはフランスとの国境にもなっている山なので、イタリア・フランス両国の…

雪山(冬山)での下半身レイヤリング【パンツ・タイツ】

雪山登山での下半身レイヤリング(ズボンやタイツの選択)は、ある意味上半身に着るウェアよりも的確な情報が少なく、微妙に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか(自分もその一人でした)。 今回の記事では、ディーアイが実際に使用している雪山で…

厳冬期のカメラ動作について【山の写真撮影】

-20℃ぐらいの環境でカメラを使うなら、最低動作保証温度が0℃も-10℃も誤差の範囲。 というのが最近の自分の中での結論です。カメラの話。 最新機種にはそこまで興味がなく、ちと古い機種での話になってしまうのが申し訳ないですが、冬山に登る人間として、今…

冬の農鳥岳【南アルプス】

1月の某日に2連休があって、計画さえしっかり立てれば天気もそれなりに持ちそうだったので、南アルプスへ登山に行ってきました。 冬に行くのはこれがお初となる農鳥岳です。 場所:山梨県、奈良田~農鳥岳 登山日:2019年1月14日~1月15日 登山タイプ:雪山…

山で起こした失敗談 【登山・雪山】

「死なない程度に失敗することは結構大切」は、個人的には大事に思っていることです。偉そうに山のことをアレコレ語ることもある当ブログですが、当然ながら、山でミスをやらかすことは度々あります。 今回は、コレを見た方々が私(ディーアイ)と同じ轍を踏…

【ヤスリ】アイゼン、ピッケル研ぐならニコルソン【アイス・雪山】

アイスクライミングや冬山登山で使用するアイスアックス(ピッケル)やクランポン(アイゼン)を研ぐのに愛用している万能ヤスリ、ニコルソンのマジカットについてご紹介します。 ニコルソンのヤスリ…他の一般的なヤスリと比べると多少高いですが、研ぐのが…

【女性に聞いた】 冬山で使えるおすすめの装備 【寒がりな方向け】

雪に覆われた白銀の世界は感動的なほど美しいですが、 一方で、冬山登山は時に寒さとの戦いが避けられません。特に、寒がりな人ほど辛いと思います。 ディーアイのパートナーもかなり寒さには弱い方で、冬山では時々歯をカチカチ鳴らしながら、寒さに必死に…

【写真で見る】夏山と冬山の違い【無雪期・積雪期】

同じような場所からカメラで撮った無雪期(夏・秋)の山と、積雪期(冬・春も場所により)の山を見比べて見ましょうという記事です。 山は、無雪期(雪のない時期)と積雪期(雪が積もった時期)で、全く違う表情を見せてくれます。同じ山でも、季節によって…

冬山で凍っても大丈夫な食料を調査【厳冬期想定・食レポ】

厳冬期の山ではあらゆるものが凍りつきます。食料も、場合によってはガチガチに凍ってしまうので注意が必要です。今回の記事では、食料(行動食)が低温にさらされるとどのように変化するのか、実験してみましたという内容です。厳冬期登山などでの行動食選…

初冬の北アルプス 鏡平(鏡池)を経て双六岳を目指す

12月、天気がすごく良さそうな日と、休日(1日)が重なったので北アルプスに行ってきました。 2018年の12月初旬は、例年と比べると驚くほど雪が少ないです。当初は八ヶ岳、中央アルプスの山でも登ろうかと考えていましたが、雪が少なすぎてテンションが上が…

【冬の八ヶ岳】雪山初心者向けルート4選

八ヶ岳…真冬でも意外とアプローチが良く、それでいて本格的な雪山の世界が体験できる場所。 冬の八ヶ岳で雪山登山の基礎を学び、そこからステップアップをしていた登山者は多いと思います。冬山の世界で生き抜くために必要なことが多く学べるのが、八ヶ岳。 …

【スイスアルプス】ドム登頂(4545m)

スイスアルプスのドム(4545m)という山に登ってきた時の記録です。 場所:スイス、ドム 登山日:2015年7月27日~7月28日 登山タイプ:雪山、山小屋泊 メンバー:ディーアイ(ソロ) スイスアルプス・ドム(ドーム)山登頂 ドム(ドーム)とは ツェルマット→…

【冬山登山ステップアップ】八ヶ岳の後はどこに登ればいいのさ?

冬の八ヶ岳・赤岳とかその辺が難なく登れるようになってくると、次に目指すべき冬山の頂はどこなのか、微妙に迷うところです。 赤岳、木曽駒ヶ岳、西穂独標あたりを登った登山者が、更なるステップアップを目指すためのルートを考えてみました。 中部山岳、…

冬山で使用しているグローブ(手袋)を紹介します【雪山登山】

冬山で使用するグローブ選びは本当に悩ましい…。今まで各社から出されている様々なグローブを使ってきましたが、コレひとつで100点満点っていうのには未だに出会えていません。 時には軽い凍傷にもかかりながら、いろいろと試行錯誤して、今のグローブに行き…

雪山テント泊で使っているマット 【サーマレスト・プロライト】

ディーアイが冬山(雪山)登山のテント泊で主に使っているマットレスを紹介します。 タイトルにもある通り、Therm-A-Rest(サーマレスト)社のProLite(プロライト)という製品です。約120cmのモデルを使用しています。 冬山のテント泊に使用しているのはサ…

【スイスアルプス】 ヴァイスミース登山

スイスでロープウェイを使って日帰りで登れる4000m峰。 ザースタル(ザース谷)にあるヴァイスミースという山の登山記録です。 場所:スイス 登山日:2015/7/14 登山タイプ:雪山、日帰り メンバー:ディーアイ(ソロ) ザースフェーから登る4000m峰 【ヴァ…

【スイスアルプス】 アラリンホルン登山

スイスで最も簡単に登れる4000m峰の一つに、アラリンホルンという山があります。 今回はその山の登山記録です。 場所:スイス 登山日:2015/7/15 登山タイプ:雪山、日帰り メンバー:ディーアイ(ソロ) ザースフェーから登る4000m峰 【アラリンホルン】 ア…

【2018】 アイスアックス新製品情報

ペツル、ブラックダイヤモンド、グリベル… 2018年も各社から、アイスアックスの新製品が発表されています。 アックスは結構お高いので、そうそう簡単に買えるものではないですが、新製品発表というのはワクワクします。 今回の記事では2018年シーズンに発売/…

北アルプス・遠見尾根でイグルー泊

山行記録 2016.4.2~4.3 北アルプス・遠見尾根 遠見尾根でイグルー泊 イグルーとは 遠見尾根より登山開始 イグルー設営 絶景の夜明け 遠見尾根でイグルー泊 イグルーとは イグルー(イヌクティトゥット語:iglu、英語:igloo)は、カナダ北端のマッケンジー…

中央アルプス 独標尾根より三ノ沢岳

山行記録 2014.3.23~3.24 バリエーションルート 中央アルプス 独標尾根より三ノ沢岳 はじめに 3月23日 登山開始 3月24日 登頂・ロープウェイ下山 中央アルプス 独標尾根より三ノ沢岳 はじめに 個人的に中央アルプスで一番美しい山は三ノ沢岳だと思っていま…

冬山で使用するなら、やっぱりウールのグローブ

雪山で使うグローブについては本当に悩みました。 何せ、変なものを使ってしまうと、下手すると凍傷、指の切断なんてことになりかねません。 あーでもなこーでもないと色々ためして、気がつくとウン万円分は手袋に使ったような気がします。 「有名メーカーの…

【初心者向け】 雪山登山の魅力とは

先日、当ブログの数少ない読者である兄(山はやらない)に言われました。 「お前のブログは変な用語ばかり使ってて読みにくいんだよ!」 はい。 前回記事を改めて読んでみると、確かに仲間内で話すような用語満載で書いてしまいました。 老若男女問わず愛さ…

3月の笠ヶ岳 クリヤ谷から 【後編】

好天が約束された2日間に笠ヶ岳を目指し、クリヤ谷から入山しました。 途中から広サコ尾根を登り、本峰の登りの手前で幕営。 今回は登頂日の記録です。 3月27日 4:30ごろ、まだ暗いうちに目を覚まして出発の準備を始めました。 5:34 おはようございます。今…

3月の笠ヶ岳 クリヤ谷から 【前編】

過去の山行記録 2016.3.26-3.27 丁度2連休と好天が重なり、これは山に行くしかないでしょ、と笠ヶ岳に行ってきました。 冬は吹雪に閉ざされる北アルプスも、3月になれば晴天率が上がってぐっと登りやすくなります。 とはいえ豪雪の北アルプスなので、激ラッ…

【レビュー】 MSR オペレーターTショベル

ショベル・・・雪山でテン泊する時に、なくてはならないもの。 重要な道具ではありますが、はじめはどんなものを買ったらいいのかわからず、 「とりあえず軽くて持ち運びやすそうな物」 みたいな感じで選んで、しばらくの間使っていました。 最初に買ったショベ…

風紋の陰影 風の置き土産 【シュカブラの写真集】

森林限界を越えるような冬山に登ると見ることができるシュカブラ(雪紋)。 雪面に刻まれた風の紋様は、行く先々で異なった姿を見せてくれ、時には自然の造形に感動させられることもあります。 自分が実際に登った山で収めてきたシュカブラの写真をいくつか…

厳冬期を乗り切る極厚靴下 【ブレスサーモ】

冬山で地味に大事なアイテムといえば、靴下。 氷点下の環境で活動してくる中で避けて通れないリスクの一つに凍傷があります。 凍傷は血液の循環が比較的少ない末端(手や足先)から発症し、 最悪の場合、指の壊死⇒切断という恐ろしい結末を引き起こすことが…