【甲府幕岩】ルート感想など【森の散歩道】

f:id:di82:20211222220047j:plain

山梨県のクライミングエリア、甲府幕岩のルートについての感想などを。

ここでは少し目立たないエリアである『森の散歩道』にあるルートの中で登ったものについて、あれこれ感じたことを書いてみました。

★は個人的に良かったと思ったルートに付けています。

 

森の散歩道

比較的地味で、他と比べるとコケっぽかったりリボルトされていないルートも多く、通過されてしまいがちな不遇なエリア。良質なルートがいくつもあります。

 

ペンタゴン 5.9

1本目のボルトのとこにある不思議な五角形の溝が名前の由来でしょう。独立した小さな岩を登るルート。

内容自体はまぁ…うん、って感じなんですが、幕岩の岩質に慣れていない人は、グレード以上に悪く感じるかも知れません。

 

キノコ狩り 5.10b/c

f:id:di82:20220111143513j:plain

短いし、とりあえず登っとこうみたいな気分のときにどうぞ。あまり印象に残らず。

 

クリ拾い 5.10c

隣のキノコ狩りとルート名がゴッチャになりやすい。

ホールドが細かい。正解ムーブがよく分からず、強引にリーチで解決した思い出。

 

スパイラルリーフ 5.11b ★★

f:id:di82:20220111142140j:plain

前半は見た目通りのアプローチ。下部で逃げて登ると更に楽になる箇所がありますが、前半逃げないと登れないなら核心の後半パートは難しいと思います。

被ったところは幕岩っぽくないムーブが出てきます。核心の悪いホールドが出てくる箇所は、リーチがあるとガバアンダーからクリップできるのでちょっと得かも。

最後の大きなホールド見逃して、オンサイト失敗した苦い思い出のあるルート。

 

ドラえもん 5.10c ★

f:id:di82:20220211144245j:plain

幕岩には珍しく、明瞭なガバホールドが随所に出てくるルート。幕岩っぽいカチも当然出てくるのでご安心を。

ムーブあり、ルートファインディングありで、なかなか良いルートだと思います。

最初に登った時にはカンテに動く岩があったと思いますが、今はどうなったのか…。

 

アコナ 5.10a

f:id:di82:20220111142159j:plain

グレードは低いのに、意外とホールドの持ち感が悪かったり、ボルト間隔がやけに離れて感じたり…。ナメてかかって嫌な汗をかいた人は意外と多いかも。

 

蜂の巣 5.10d

百岩だとRXと表記があって、前を通り過ぎることはあってもビビって長らく取り付くことはありませんでした。

登ってみたら、百岩情報は古いのか普通に登れるボルト間隔でした。特別支点が錆びてるとかいう感じもありませんでした。

ただし、相当人気が無い様子。核心部は苔まみれで、雨の後は滑ってまともに保持できず…。ブラシで磨く必要がありました。ある程度登られれば印象は変わりそう。

上部はクラック沿いを登ります。結構ワイルドな感じでビレイヤーも落石注意。

 

WILD WOOD 5.10c ★

f:id:di82:20220111143531j:plain

多分見てそれと分かる箇所に核心のワンムーブが出てきます。バッチリ決まると気持ちいい。

最初のボルトの前に出てくるガバホールドは、思い切り引いたら取れちまうんじゃないかと不安になります。出だし周囲はボロそうなので慎重に。

 

メイプルの涙 5.10c

f:id:di82:20220111143544j:plain

核心は思い切りが必要な感じですが、ホールドはしっかり持てるはずです。

 

てるやまもみじ 5.10a

短いルートですがボルトがやけに遠く感じる。内容は悪くないと思いますが、ボルトが古くてちょっと怖かったです。

 

つぎいってみよー 5.11b

f:id:di82:20220111143628j:plain

よく見ると意外とキレイなフェイス。核心部がアンバランスになりやすい。バランスのちパワーな感じ。このエリアにしては一見、比較的スッキリしたフェイスですが、上部がちょっとボロ汚いのが惜しい。

 

ジョージア 5.11b/c

f:id:di82:20220111143605j:plain

どこまでクラックや右の壁を使っていいのか限定あるのか、よく分からないです。上は苔にまみれ、岩はボロボロ。私は再登しないと思います。

 

オンリーワン 5.11d ★★

f:id:di82:20220111143643j:plain

なんとなく苔っぽい壁が続く森の散歩道エリアですが、同じような岩壁が続く中で一番見栄えするところを登るルート。

ついつい使っちゃいたくなる右壁は使用禁止らしく、それが許せるなら良いルートです。

1ピン目が高めで、出だしからやや難しい。安全第一な人はプリクリ推奨か。2ピン目クリップも悪い。2ピン目は長ヌン使ってる人もいました。1ピン目が高いとこにあるのでグラウンドはしないだろうと、2ピン目のクリップは結構登って、安定したホールドを取ってから行いました(RPトライ時)。

途中デッドっぽい動きもあり、幕岩の岩質が嫌いじゃないなら最後まで楽しめる内容です。

 

JUNE 5.11c

f:id:di82:20220220171823j:plain

途中に完全レストできるテラスあり。核心部はテラスの上で、テラスに激突という恐怖心から緊張するかもです。核心が悪いだけで、それ以外の箇所はグレードを考えるとこんなもんかなっていう感じで普通。

 

ヒーリング・レッジ 5.12b ★★

f:id:di82:20220111143714j:plain

見栄えする大きな壁を登る。あまり傾斜は強くないので、このグレードとしては登りやすいのではないでしょうか。

核心部は幕岩っぽくカチカチです。何度もやると指先がボロボロになるやつ。

最後のスラブも数手だけですが結構悪く、せっかく核心を抜けたのにその上で落ちて悔しがる人も(私含め)。そういう意味ではむしろスラブが核心か。

最後のレッジで癒やされて下さい。

 

 

甲府幕岩別エリアの記事

www.dimountainphotos.com

 

こちらの記事もどうぞ

www.dimountainphotos.com